Flavien Delbergue designs daily life objects taking as a starting point the observation of know-how. He collaborates with craftsmen and manufactures in France and Japan, to develop a new range of modest objects. 

 

His creative approach, imprinted with Japanese culture, is based on the stripping of the material to reach objects with pure lines, whose function becomes obvious. An essential research of the emptiness that aim to economise means and guides us towards objects modestly balanced.

 

Graduated from École Boulle, his experiences, one around Japanese craftsmanship in Kyoto (Japan Handmade), another one in a Danish design studio (OeO studio), lead him to question the notion of sincerity in a production design. The following year, he founded his design studio conceived as an open playground and then, participated in the 3rd Skills Academy organised by the Hermès Foundation. He joined the Ateliers de Paris incubator in 2018, then he was finalist Design Parade Hyères 14 with the Asobi project.

エコール・ブール在学中、日本工芸とデンマーク・デザインという2種のアートを学んだフラヴィアン・デルベルグは、デザイン製作において常に「誠意」とは何かを問いかけてきた。2015年にデザイナーとして独立した彼にとって、この課題が軸となっており、日常生活で用いるオブジェをより正確かつ真の姿に近いものへと形づくる探求を深めている。2016年、パリに自身の事務所を構え、伝統工芸の職人やエディター、他さまざまな分野のプロフェッショナルな仲間との知恵や技の伝承・交流を通し、デザイン活動の幅を広げている。彼の創作活動は日本文化に大いなる影響を受けており、細部の素材にこだわりつつも簡潔でゆるやかな形状を基調とした機能性の高い作品が生まれる。空間・無の本質を追究しつつ、研ぎ澄まされた素材の魅力をひきだしながら、謙虚でバランスのとれた作品を目指す。2018年9月、アトリエ・ド・パリに属するアーティストの一員となる。また、フリーランス・デザイナーとしても様々なブランドとのアートワークを手掛けている。